さらっと見れる映画と本のブログ

「読む」より「見る」に特化した映画と本のブログです。あなたの作品を知るきっかけになれたら幸いです。※Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。

【映画】時代を超える叙事詩:『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』の壮大な物語と映画芸術

★この記事を読むと、「セルジオ・レオーネ」監督による1984年の映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』が観たくなります。 ★詳細はこちら→『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ - Wikipedia』 ★詳細はこちら→『セルジオ・レオーネ - W…

【本】『居酒屋』:パリ労働者階級の生と破滅を描く、ゾラのリアリズム傑作

★この記事を読むと、「エミール・ゾラ」によるフランスの自然主義文学作品で、最も有名な作品群である「ルーゴン=マッカール叢書」の第七作『居酒屋』が読みたくなります。 ★詳細はこちら→『居酒屋 (小説) - Wikipedia』 ★詳細はこちら→『エミール・ゾラ - …

【映画】幻想と現実の狭間で:『ロスト・チルドレン』の独創的な芸術世界

★この記事を読むと、1995年に製作されたフランス映画『ロスト・チルドレン』が観たくなります。 ★詳細はこちら→『ロスト・チルドレン - Wikipedia』 ★詳細はこちら→『ジャン=ピエール・ジュネ - Wikipedia』 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateOb…

【本】『チボー家の人々』: 社会の緊張と家族の絆を通じた人間探求

★この記事を読むと、フランスの作家「ロジェ・マルタン・デュ・ガール」によって書かれた長編小説『チボー家の人々』が読みたくなります。 ★詳細はこちら→『チボー家の人々 - Wikipedia』 ★詳細はこちら→『ロジェ・マルタン・デュ・ガール - Wikipedia』 (fu…

【映画】 『ワンダとダイヤと優しい奴ら』:洗練されたユーモアと独創的なストーリーが魅せるコメディの傑作

★この記事を読むと、「チャールズ・クライトン」が監督を務めた1988年のコメディ映画 『ワンダとダイヤと優しい奴ら』が観たくなります。 ★詳細はこちら→『ワンダとダイヤと優しい奴ら - Wikipedia』 ★詳細はこちら→『チャールズ・クライトン - Wikipedia』 …

【本】『重力の虹』:非線形の物語と深いテーマで織り成す、戦時下のヨーロッパの新たな文学地平

★この記事を読むと、第二次世界大戦末期のヨーロッパを舞台にした複雑で多層的な小説『重力の虹』が読みたくなります。 ★詳細はこちら→『重力の虹 - Wikipedia』 ★詳細はこちら→『トマス・ピンチョン - Wikipedia』 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffil…

【映画】『ブルース・ブラザーズ』:音楽とアクションが交差する、カルトクラシックな魅力の融合

★この記事を読むと、音楽とアクションが融合したカルトクラシック映画『ブルース・ブラザーズ』が観たくなります。 ★詳細はこちら→『ブルース・ブラザース - Wikipedia』 ★詳細はこちら→『ジョン・ランディス - Wikipedia』 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.Mosh…

【本】『アブサロム、アブサロム!』:南部の栄枯盛衰と人種の交錯を描くウィリアム・フォークナーの文学的探求

★この記事を読むと、1936年に発表された「ウィリアム・フォークナー」による南部ゴシックの傑作『アブサロム、アブサロム!』が読みたくなります。 ★詳細はこちら→『アブサロム、アブサロム! - Wikipedia』 ★詳細はこちら→『ウィリアム・フォークナー - Wikip…

【映画】『U・ボート』: 狭き閉塞の中で描かれる、リアリズム溢れる戦時の人間ドラマ

★この記事を読むと、1981年公開の西ドイツの戦争映画『U・ボート』が観たくなります。 ★詳細はこちら→『U・ボート (映画) - Wikipedia』 ★詳細はこちら→『ウォルフガング・ペーターゼン - Wikipedia』 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;…

【本】『見えない人間』: アイデンティティと社会的断絶を探る深遠な物語性

★この記事を読むと、アメリカ文学における重要な作品の一つ『見えない人間』が読みたくなります。 ★詳細はこちら→『見えない人間 - Wikipedia』 ★詳細はこちら→『ラルフ・エリソン - Wikipedia』 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b[a]=…

【映画】永遠の冒険への誘い: 『ネバーエンディング・ストーリー』の不朽の魅力

★この記事を読むと、1984年に公開されたファンタジー映画『ネバーエンディング・ストーリー』が観たくなります。 ★詳細はこちら→『ネバーエンディング・ストーリー - Wikipedia』 ★詳細はこちら→『ウォルフガング・ペーターゼン - Wikipedia』 ★原作はこちら…

【本】衝撃の暴露: 『ジャングル』が描く食肉加工業の闇と社会改革の光

★この記事を読むと、「アプトン・シンクレア」が1906年に発表した小説『ジャングル』が読みたくなります。 ★詳細はこちら→『The Jungle - Wikipedia』 ★詳細はこちら→『アプトン・シンクレア - Wikipedia』 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObje…

【映画】時を超える旅: 『2001年宇宙の旅』の革命的遺産

★この記事を読むと、1968年に公開された映画史における最も重要な科学フィクション作品の一つ『2001年宇宙の旅』が観たくなります。 ★詳細はこちら→『2001年宇宙の旅 - Wikipedia』 ★詳細はこちら→『スタンリー・キューブリック - Wikipedia』 (function(b,c…

【本】『ベルリン・アレクサンダー広場』ベルリンの鼓動: ビーバーコフの挑戦とモダン都市の輪郭

★この記事を読むと、「アルフレート・デーブリーン」による20世紀初頭のドイツ文学を代表する作品の一つ『ベルリン・アレクサンダー広場』が読みたくなります。 ★詳細はこちら→『ベルリン・アレクサンダー広場 - Wikipedia』 ★詳細はこちら→『アルフレート・…

【映画】光と影のロマンス: レオス・カラックスの『ポンヌフの恋人』の野心と美

★この記事を読むと、「レオス・カラックス」監督による1991年のフランス映画『ポンヌフの恋人』が観たくなります。 ★詳細はこちら→『ポンヌフの恋人 - Wikipedia』 ★詳細はこちら→『レオス・カラックス - Wikipedia』 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAff…

【本】時代を超える思索と言葉の魔法:『特性のない男』に見るムージルの文学遺産

★この記事を読むと、オーストリアの作家「ロベルト・ムージル」によって書かれた未完の小説『特性のない男』が読みたくなります。 ★詳細はこちら→『特性のない男 - Wikipedia』 ★詳細はこちら→『ロベルト・ムージル - Wikipedia』 (function(b,c,f,g,a,d,e){…

【映画】時を超える冒険:『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』の不朽の魅力

★この記事を読むと、「スティーヴン・スピルバーグ」監督によるアドベンチャー映画の傑作『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』が観たくなります。 ★詳細はこちら→『レイダース/失われたアーク《聖櫃》 - Wikipedia』 ★詳細はこちら→『スティーヴン・スピル…

【本】内なる成長と自由への憧れ: 『若い芸術家の肖像』におけるジョイスの文学的探求

★この記事を読むと、20世紀を代表する小説家「ジェイムズ・ジョイス」の自伝的小説『若い芸術家の肖像』が読みたくなります。 ★詳細はこちら→『若き芸術家の肖像 - Wikipedia』 ★詳細はこちら→『ジェイムズ・ジョイス - Wikipedia』 (function(b,c,f,g,a,d,e…

【映画】影と光のゴシック絵巻: マリオ・バーヴァ『血ぬられた墓標』の不朽の魅力

★この記事を読むと、イタリアの名匠「マリオ・バーヴァ」が1960年に監督したホラー映画『血ぬられた墓標』が観たくなります。 ★詳細はこちら→『血ぬられた墓標 - Wikipedia』 ★詳細はこちら→『マリオ・バーヴァ - Wikipedia』 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.Mo…

【本】運命と英雄主義:『アエネーイス』における古代ローマの理想と葛藤

★この記事を読むと、紀元前29年から紀元前19年にかけて書かれた、古代ローマの最も重要な叙事詩の一つ『アエネーイス』が読みたくなります。 ★詳細はこちら→『アエネーイス - Wikipedia』 ★詳細はこちら→『ウェルギリウス - Wikipedia』 (function(b,c,f,g,a…

【映画】不屈の女性と時代の証言: ファスビンダーの『マリア・ブラウンの結婚』

★この記事を読むと、「ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー」による1979年の映画『マリア・ブラウンの結婚』が観たくなります。 ★詳細はこちら→『マリア・ブラウンの結婚 - Wikipedia』 ★詳細はこちら→『ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー - Wikipedia…

【本】『ウェルギリウスの死』最後の日々:死と創造の狭間で揺れる哲学的叙事詩

★この記事を読むと、古代ローマの詩人ウェルギリウスの最後の24時間を描いた「ヘルマン・ブロッホ」による文学作品『ウェルギリウスの死』が読みたくなります。 ★詳細はこちら→『ウェルギリウスの死 - Wikipedia』 ★詳細はこちら→『ヘルマン・ブロッホ - Wik…

【映画】夢と現実の狭間で: 『去年マリエンバートで』の革新的探究

★この記事を読むと、「アラン・レネ」監督による1961年のフランス映画『去年マリエンバートで』が観たくなります。 ★詳細はこちら→『去年マリエンバートで - Wikipedia』 ★詳細はこちら→『アラン・レネ - Wikipedia』 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAff…

【本】『悪徳の栄え』: 欲望、権力、そして挑戦の探究

★この記事を読むと、1780年代に書かれたフランスの「マルキ・ド・サド」による小説『悪徳の栄え』が読みたくなります。 ★詳細はこちら→『ジュリエット物語あるいは悪徳の栄え - Wikipedia』 ★詳細はこちら→『マルキ・ド・サド - Wikipedia』 (function(b,c,f…

【映画】荒廃の美学とダークユーモアが交錯する傑作、『デリカテッセン』の世界

★この記事を読むと、「ジャン=ピエール・ジュネ」監督による1991年のフランス映画『デリカテッセン』が観たくなります。 ★詳細はこちら→『デリカテッセン (映画) - Wikipedia』 ★詳細はこちら→『ジャン=ピエール・ジュネ - Wikipedia』 (function(b,c,f,g,…

【本】徳の試練と社会の偽善: 『美徳の不幸』に見るサドの挑戦

★この記事を読むと、「マルキ・ド・サド」が1787年に著した小説『美徳の不幸』が読みたくなります。 ★詳細はこちら→『美徳の不幸 - Wikipedia』 ★詳細はこちら→『マルキ・ド・サド - Wikipedia』 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b[a]=…

【映画】『ミッドナイト・エクスプレス』: 逆境の中の人間性と希望の光を描く、歴史に残る衝撃作

★この記事を読むと、「アラン・パーカー」監督による1978年の実話に基づいた壮絶なドラマ映画『ミッドナイト・エクスプレス』が観たくなります。 ★詳細はこちら→『ミッドナイト・エクスプレス (映画) - Wikipedia』 ★詳細はこちら→『アラン・パーカー - Wiki…

【本】『林檎の樹』: 時代を超える心理と自然の融合

★この記事を読むと、感情の複雑さと人間関係の微妙さを描いた「ジョン・ゴールズワージー」の短編小説『林檎の樹』が読みたくなります。 ★詳細はこちら→『林檎の樹 - Wikipedia』 ★詳細はこちら→『ジョン・ゴールズワージー - Wikipedia』 (function(b,c,f,g…

【映画】『未来世紀ブラジル』: ディストピアの風刺と美学の融合

★この記事を読むと、テリー・ギリアム監督による1985年のディストピアSF映画『未来世紀ブラジル』が観たくなります。 ★詳細はこちら→『未来世紀ブラジル - Wikipedia』 ★詳細はこちら→『テリー・ギリアム - Wikipedia』 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoA…

【本】盲目の知識:『眩暈 』に見る孤独、狂気、権力の探求

★この記事を読むと、1935年に出版された「エリアス・カネッティ」唯一の小説『眩暈 』が読みたくなります。 ★詳細はこちら→『眩暈 (小説) - Wikipedia』 ★詳細はこちら→『エリアス・カネッティ - Wikipedia』 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateOb…