さらっと見れる映画と本のブログ

「読む」より「見る」に特化した映画と本のブログです。あなたの作品を知るきっかけになれたら幸いです。※Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。

【本】言葉の力と個人の目覚め:『供述によるとペレイラは…』に見る文学と抵抗の物語

★この記事を読むと、ファシズムが台頭する1930年代のポルトガルを舞台にした「アントニオ・タブッキ」による小説『供述によるとペレイラは…』が読みたくなります。 ★詳細はこちら→『Sostiene Pereira - Wikipedia』 ★詳細はこちら→『アントニオ・タブッキ - …

【本】時代を超える絆:『ある家族の会話』に見る家族、言葉、そして普遍性

★この記事を読むと、イタリアの作家「ナタリア・ギンズブルグ」によって1963年に発表された自伝的小説『ある家族の会話』が読みたくなります。 ★詳細はこちら→『Lessico famigliare - Wikipedia』 ★詳細はこちら→『ナタリア・ギンズブルグ - Wikipedia』 (fu…

【本】愛と正義の探求: マンゾーニの『いいなづけ』に見る不朽のイタリア文学

★この記事を読むと、「アレッサンドロ・マンゾーニ」によって書かれたイタリア文学の古典『いいなづけ』が読みたくなります。 ★詳細はこちら→『いいなづけ (マンゾーニの小説) - Wikipedia』 ★詳細はこちら→『アレッサンドロ・マンゾーニ - Wikipedia』 (fun…

【本】『クオーレ』: 時代を超える教育と心の物語

★この記事を読むと、「エドモンド・デ・アミーチス」によって1886年に発表されたイタリアの小説『クオーレ』:が読みたくなります。 ★詳細はこちら→『クオーレ - Wikipedia』 ★詳細はこちら→『エドモンド・デ・アミーチス - Wikipedia』 (function(b,c,f,g,a,…

【本】二つの半身、一つの物語: カルヴィーノの『まっぷたつの子爵』と人間の探求

★この記事を読むと、1952年に発表された「イタロ・カルヴィーノ」の短編小説『まっぷたつの子爵』が読みたくなります。 ★詳細はこちら→『イタロ・カルヴィーノ - Wikipedia』 ★詳細はこちら→『半減した子爵 - Wikipedia』 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.Moshim…

【本】物語と現実の狭間で: イタロ・カルヴィーノの挑戦的な読書冒険『冬の夜ひとりの旅人が』

★この記事を読むと、読者自身を主人公として巻き込むメタフィクションの傑作『冬の夜ひとりの旅人が』が読みたくなります。 ★詳細はこちら→『イタロ・カルヴィーノ - Wikipedia』 ★詳細はこちら→『Se una notte d'inverno un viaggiatore - Wikipedia』 (fun…

【本】『薔薇の名前』:中世の謎解きと知の探求

★この記事を読むと、1980年に出版された「ウンベルト・エーコ」による歴史ミステリー小説『薔薇の名前』が読みたくなります。 ★詳細はこちら→『薔薇の名前 - Wikipedia』 ★詳細はこちら→『ウンベルト・エーコ - Wikipedia』 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.Mosh…

【本】『ピノッキオの冒険』:成長と想像力の魔法

★この記事を読むと、「カルロ・コッローディ」によって執筆されたイタリアの児童文学の古典『ピノッキオの冒険』が読みたくなります。 ★詳細はこちら→『ピノッキオの冒険 - Wikipedia』 ★詳細はこちら→『カルロ・コッローディ - Wikipedia』 (function(b,c,f…

【本】『神曲』:時を超える霊的旅路と人類の普遍的探求

★この記事を読むと、中世ヨーロッパの文学の最高傑作の一つであり、イタリア文学における最も重要な叙事詩『神曲』が読みたくなります。 ★詳細はこちら→『神曲 - Wikipedia』 ★詳細はこちら→『ダンテ・アリギエーリ - Wikipedia』 (function(b,c,f,g,a,d,e){…

【本】不条理に抗う勇気:カミュの『シーシュポスの神話』に見る人生の真価"

★この記事を読むと、フランスの哲学者である「カミュ」が1942年に発表した著作『シーシュポスの神話』が読みたくなります。 ★詳細はこちら→『シーシュポスの神話 - Wikipedia』 ★詳細はこちら→『アルベール・カミュ - Wikipedia』 (function(b,c,f,g,a,d,e){…

【本】『ナジャ』: 超現実主義の探求と現実の境界を越える旅

★この記事を読むと、「アンドレ・ブルトン」によって1928年に発表された小説『ナジャ』が読みたくなります。 ★詳細はこちら→『ナジャ - Wikipedia』 ★詳細はこちら→『アンドレ・ブルトン - Wikipedia』 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a…

【本】巨人たちの冒険: ラブレーの『ガルガンチュアとパンタグリュエル』における教育、友情、そして人生の喜びへの賛歌

★この記事を読むと、16世紀のフランス文学において最も有名な作品の一つ『ガルガンチュアとパンタグリュエル』が読みたくなります。 ★詳細はこちら→『ガルガンチュワとパンタグリュエル - Wikipedia』 ★詳細はこちら→『フランソワ・ラブレー - Wikipedia』 (…

【本】権力と道徳の狭間で: 『ロレンザッチョ』に見る人間性の探求

★この記事を読むと、19世紀フランスの劇作家「アルフレッド・ド・ミュッセ」によって書かれた戯曲『ロレンザッチョ』が読みたくなります。 ★詳細はこちら→『アルフレッド・ド・ミュッセ - Wikipedia』 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;…

【本】紳士泥棒の冒険:『アルセーヌ・ルパン』の知恵と心の旅路

★この記事を読むと、魅力的な紳士泥棒アルセーヌ・ルパンが活躍する「モーリス・ルブラン」による『アルセーヌ・ルパン』が読みたくなります。 ★詳細はこちら→『アルセーヌ・ルパン - Wikipedia』 ★詳細はこちら→『モーリス・ルブラン - Wikipedia』 (functi…

【本】追求される幸福: 『幸福な死』に見るカミュの人生観

★この記事を読むと、「アルベール・カミュ」の未発表の初期作品『幸福な死』が読みたくなります。 ★詳細はこちら→『アルベール・カミュ - Wikipedia』 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=…

【本】『モーパッサンの短編集』:人間の本質と社会的偽善の鋭い洞察

★この記事を読むと、フランスの小説家「ギ・ド・モーパッサン」のおすすめの短編5選がわかります。 ★詳細はこちら→『ギ・ド・モーパッサン - Wikipedia』 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScri…

【本】ペリーヌの旅: 希望と成長を描く『家なき娘』の魅力

★この記事を読むと、1893年にフランスの作家「エクトール・アンリ・マロ」によって発表された小説『家なき娘』が読みたくなります。 ★詳細はこちら→『家なき娘 - Wikipedia』 ★詳細はこちら→『エクトール・アンリ・マロ - Wikipedia』 (function(b,c,f,g,a,d…

【本】夢と現実の狭間で: 『ペロー童話集』に隠された5つの智慧

★この記事を読むと、17世紀のフランスの作家「シャルル・ペロー」の童話集 『ペロー童話集』が読みたくなります。 ★詳細はこちら→『シャルル・ペロー - Wikipedia』 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b[a]=b[a]||function(){arguments.c…

【本】赤い糸の絆:『にんじん』における孤独と成長の物語

★この記事を読むと、フランスの作家「ジュール・ルナール」による小説『にんじん』が読みたくなります。 ★詳細はこちら→『にんじん (小説) - Wikipedia』 ★詳細はこちら→『ジュール・ルナール - Wikipedia』 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObj…

【本】禁断の愛と運命の悲劇: ラシーヌの『フェードル』における情熱と神話

★この記事を読むと、フランス古典悲劇の傑作として広く認識されている作品『フェードル』が読みたくなります。 ★詳細はこちら→『フェードル - Wikipedia』 ★詳細はこちら→『ジャン・ラシーヌ - Wikipedia』 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObje…

【本】貴族のジレンマ:『クレーヴの奥方』における愛と忠誠

★この記事を読むと、「ラファイエット夫人」によって1678年に書かれたフランスの小説『クレーヴの奥方』が読みたくなります。 ★詳細はこちら→『クレーヴの奥方 - Wikipedia』 ★詳細はこちら→『ラファイエット夫人 - Wikipedia』 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.…

【本】理想と現実の狭間:『未来のイヴ』における科学、愛、象徴主義の探究

★この記事を読むと、1886年に発表されたフランスの象徴主義文学の重要な作品『未来のイヴ』が読みたくなります。 ★詳細はこちら→『未来のイヴ - Wikipedia』 ★詳細はこちら→『オーギュスト・ヴィリエ・ド・リラダン - Wikipedia』 (function(b,c,f,g,a,d,e){…

【本】禁断の愛と反逆の精神: レーモン・ラディゲの『肉体の悪魔』に見る戦時の情熱

★この記事を読むと、フランスの作家レーモン・ラディゲによる小説『肉体の悪魔』が読みたくなります。 ★詳細はこちら→『肉体の悪魔 (ラディゲ) - Wikipedia』 ★詳細はこちら→『レーモン・ラディゲ - Wikipedia』 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliat…

【本】愛と犠牲の葛藤: アンドレ・ジッド『狭き門』の深遠な洞察

★この記事を読むと、「アンドレ・ジッド(André Gide)」によって1909年に発表された小説『狭き門』が読みたくなります。 ★詳細はこちら→『狭き門 - Wikipedia』 ★詳細はこちら→『アンドレ・ジッド - Wikipedia』 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffilia…

【本】愛と社会の狭間で: オノレ・ド・バルザックの『谷間の百合』の深遠な探求

★この記事を読むと、フランスの作家「オノレ・ド・バルザック」によって1835年に発表された小説が読みたくなります。 ★詳細はこちら→『谷間の百合 - Wikipedia』 ★詳細はこちら→『オノレ・ド・バルザック - Wikipedia』 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoA…

【本】深遠なる自己の探求: カミュ『転落』における人間性の反省と象徴

★この記事を読むと、「カミュ」の最後の完成した長編作品『転落』が読みたくなります。 ★詳細はこちら→『アルベール・カミュ - Wikipedia』 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentS…

【本】幻想と現実の境界:『恐るべき子供たち』における兄妹の心理的葛藤

★この記事を読むと、「ジャン・コクトー」によって1929年に書かれた小説『恐るべき子供たち』が読みたくなります。 ★詳細はこちら→『恐るべき子供たち - Wikipedia』 ★詳細はこちら→『ジャン・コクトー - Wikipedia』 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAff…

【本】愛と自然のロマンス:『ウンディーネ』に見る文学的影響と普遍的テーマ

★この記事を読むと、19世紀初頭のロマンティシズムを代表する作品『ウンディーネ』が読みたくなります。 ★詳細はこちら→『ウンディーネ (小説) - Wikipedia』 ★詳細はこちら→『フリードリヒ・フーケ - Wikipedia』 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffili…

【本】海の神秘と冒険の奥深さ:ジュール・ヴェルヌの『海底二万里』の永遠の魅力

★この記事を読むと、19世紀の先駆的なサイエンスフィクション作品『海底二万里』が読みたくなります。 ★詳細はこちら→『海底二万里 - Wikipedia』 ★詳細はこちら→『ジュール・ヴェルヌ - Wikipedia』 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b…

【本】『パンセ』人間の本質と無限: パスカルの思索における理性と信仰

★この記事を読むと、「ブレーズ・パスカル」の哲学と神学に関する深い洞察を示す一連のアフォリズムや短いエッセイをまとめ、パスカルの死後に未完成のまま出版された作品『パンセ』が読みたくなります。 ★詳細はこちら→『ブレーズ・パスカル - Wikipedia』 …