さらっと見れる映画と本のブログ

「読む」より「見る」に特化した映画と本のブログです。お気軽に見てみてください

映画「ベイマックス」、大きくて白くて柔らかいけど体重は「34㎏」!


ベイマックス (字幕版)

 

>>吹き替え版はこちら→「ベイマックス (吹替版)

 

ベイマックス| 予告編 | Disney+ (ディズニープラス) - YouTube

Amazon プライムビデオ レビュー

・★4.5、レビュー数(7780)(2021年7月時点)

 

●どんな映画

・2014年公開

 

・原題:「Big Hero 6」

 

ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの長編作品で第54作目

 

・3Dコンピュータアニメーション・アクション・ファンタジー映画

 

・マーベル・コミックのアメコミ作品「ビッグ・ヒーロー・シックス」の映像化作品

 

・監督:ドン・ホール、クリス・ウィリアムズ

 

・脚本:ジョーダン・ロバーツ、ドン・ホール

 

・原作:ダンカン・ルーロー、スティーブン・T・シーグル「ビッグ・ヒーロー・シックス」

 

・主題歌:フォール・アウトボーイ「Immortals」、AI「Story」

 

・製作会社:ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ、ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ

 

・製作国:アメリカ合衆国

 

・上映時間:102分

 

・映画化に際し、世界観や設定が大きく改変される。日本的要素が多くちりばめられている。

 

・作品の舞台は、未来の架空都市「サンフランソウキョウ(サンフランシスコと東京の混ぜ合わせ)」

 

第87回アカデミー賞、アニメーション映画賞受賞。他多数の賞を受賞

 

・天才的な科学の才能を持つ少年「ヒロ・ハマダ」と、その兄が開発した白くて風船のような見た目のケアロボット「ベイマックス」とその他の物語

 

ベイマックスの身長は約183センチ、体重は34㎏

 

ベイマックスの体は、白く柔らかく体の内部は空気が充填されている

 

ベイマックスの動力は、リチウムイオン電池で、骨格は、カーボンファイバー、最大で400㎏の物体を持ち上げることが可能

 

ベイマックスの頭部のモチーフは神社の鈴

●あらすじ3行

・自堕落な生活を送る天才少年の弟ヒロ→見かねた兄タダシ、大学へ連れていく→兄の発明品「ベイマックス」を目にする→刺激を受ける→科学の夢→追究したい→入学を決意

↓ 

・入学するためには研究発表会で教授をうならせる研究が必要→弟ヒロ「マイクロボット」を発明→教授うなる(入学許可)→発表会直後、火災事故が発生→兄タダシ没、教授没、マイクロボット没

・弟ヒロ、心を閉ざす→ベイマックス起動→ベイマックスの使命は「傷ついた人の心と体を守る」→兄タダシの死を不審に思う→ベイマックスと共に真相を追い求める→兄の死の真相…謎の仮面の男…大企業「クレイテック」…その先にあるのは一体…