さらっと見れる映画と本のブログ

「読む」より「見る」に特化した映画と本のブログです。お気軽に見てみてください

映画「ボス・ベイビー」、見た目は赤ちゃん、中身はおっさん


ボス・ベイビー(字幕版)

 

>>吹き替え版はこちら→「ボス・ベイビー (吹替版)

 

 

Amazon プライムビデオレビュー

★4.5、レビュー数(1779)(2021年9月時点)

 

●どんな映画

・2018年公開(日本)

 

・原題:「The Boss Baby」

 

・監督:トム・マクグラス

 

・脚本:マイケル・マッカラーズ

 

・原作:マーラ・フレイジーあかちゃん社長がやってきた (講談社の翻訳絵本)

 

・出演者

 

ボスベイビー:アレック・ボールドウィン(ムロツヨシ)

 

ティム:マイルズ・バクシ(芳根京子)

 

フランシス・フランシス:スティーブ・ブシェミ(山寺宏一)

 

大人になったティム:トビー・マグワイア(宮野真守)

 

ウィジー(魔法使いジイ):ジェームズ・マクグラス(銀河万丈)

 

ユージーン:コンラッド・ヴァーノン(立木文彦)

 

 

・製作会社:ドリーム・ワークス・アニメーション

 

・製作国:アメリカ合衆国

 

・上映時間:97分

 

・ティムが7歳の頃のお話

 

・赤ん坊より子犬が愛されている問題

 

・ボスベイビーの勤めている会社は「ベイビー・コープ社」

 

・子犬の幸福のための会社「パピー・コーポレーション」

・続編「ボス・ベイビー ファミリー・ミッション」は、2021年12月17日、日本で公開予定!!

 

●あらすじ3行

・ティムが7歳のころ、スーツを着た赤ん坊「ボスベイビー」がやってきた→ティムの弟として、ティムの家に住むことに。

・父親と母親はかわいいボスベイビーにべったべた、ティムは嫉妬→誰もいない真夜中になるとボスベイビーは大人のようにふるまい、誰かと電話していた→ティム目撃

・ボスベイビーは一体何者なのか…、ボスベイビーがティムの家に来た理由とは…、赤ん坊より子犬が愛されるようになった世の中は関係しているのか…子犬の会社「パピーコーポレーション」の狙いとは…

 

 

うんこ漢字ドリルとコラボ!】(うんこ先生 CV:諏訪部順一)