さらっと見れる映画と本のブログ

「読む」より「見る」に特化した映画と本のブログです。お気軽に見てみてください

『日本の自動車メーカー(8社)』の本(24選)

☆この記事を読むと、『日本の自動車メーカー(8社)』の本、24冊がわかります。

 

トヨタ、ホンダ、日産、スズキ、マツダ、スバル、三菱、ダイハツの本を紹介します。

 

 

  クリックして目次を表示する。

▼目次

 

 

【作品一覧】

トヨタ(5冊)

①『トヨタの未来 生きるか死ぬか』(2020年)

 

②『トヨタ自動車の終焉 日本でいちばん「トヨタ」を売った男からの提言』(2021年)

 

③『トヨタ物語 (強さとは「自分で考え、動く現場」を育てることだ) 』(2018年)

 

④『レクサス ― トヨタは世界的ブランドを打ち出せるのか』(2016年)

 

⑤『豊田章男』(2020年)

 

 

●ホンダ(4冊)

①『技術屋の王国』(2017年)

 

②『ホンダ イノベーションの神髄』(2012年)

 

③『ホンダ二輪戦士たちの戦い(上)(下)』(2000年)

(上)

 

(下)

 

④『F1ビジネス戦記 ホンダ「最強」時代の真実』(2015年)

 

 

●日産(2冊)

①『日産自動車 極秘ファイル 2300枚―「絶対的権力者」と戦ったある課長の死闘7年間』(2018年)

 

②『落日の轍 小説 日産自動車』(2019年)

 

 

●スズキ(3冊)

①『スズキ 「 ものづくり 」の原点 初代 ALTO と 鈴木 修 の経営』(2021年)

 

②『オサムイズム ―"小さな巨人"スズキの経営』(2015年)

 

③『俺は、中小企業のおやじ』(2009年)

 

 

マツダ(4冊)

①『マツダ 心を燃やす逆転の経営』(2019年)

 

②『マツダ100年 車づくりと地域』(2020年)

 

③『マツダ最強論』(2019年)

 

④『マツダの魂: 不屈の男 松田恒次』(2018年)

 

 

●スバル(1冊)

①『スバル ヒコーキ野郎が作ったクルマ』(2019年)

 

 

●三菱(2冊)

①『三菱自動車―航空技術者たちが基礎を築いたメーカー』(2017年)

 

②『不正の迷宮 三菱自動車』(2016年)

 

 

ダイハツ(2冊)

①『ダイハツ コペン開発物語―「クルマって楽しい」を届けたい』(2016年)

 

②『ダイハツによるスモールカー工学』(2007年)