さらっと見れる映画と本のブログ

「読む」より「見る」に特化した映画と本のブログです。お気軽に見てみてください

『日本の航空会社(7社)』の本(12冊)

☆この記事を読むと、『日本の航空会社』の本(12冊)がわかります。

 

JALANAPeach Aviationスカイマークスターフライヤー日本トランスオーシャン航空天草エアラインの本を紹介します。

 

クリックして目次を表示する。

 

 

JAL(3冊)

→「日本航空 - Wikipedia

①『JALの現場力』(2017年)

 

②『JALの心づかい』(2018年)

 

③『JALの奇跡(稲盛和夫の善き思いがもたらしたもの)』(2018年)

 

 

ANA(3冊)

→「全日本空輸 - Wikipedia

①『ANAが大切にしている習慣』(2015年)

 

②『ANAの本。:舞台裏を覗けば、もっと好きになる』(2016年)

 

③『ANAグランドハンドリング やりがいのある仕事には理由がある』(2017年)

 

 

Peach Aviation(1冊)

→「Peach Aviation - Wikipedia

①『「おもろい」働き方で社員も会社も急上昇する Peachのやりくり』(2019年)

 

 

スカイマーク(1冊)

→「スカイマーク - Wikipedia

①『スカイマーク破綻』(2015年)

 

 

スターフライヤー(1冊)

→「スターフライヤー - Wikipedia

①『スターフライヤー 漆黒の翼、感動を乗せて――小さなエアラインの大きな挑戦』(2017年)

 

 

日本トランスオーシャン航空(1冊)

→「日本トランスオーシャン航空 - Wikipedia

①『沖縄の翼、大研究! 日本トランスオーシャン航空』(2018年)

 

 

天草エアライン(2冊)

→「天草エアライン - Wikipedia

①『天草エアラインの奇跡。赤字企業を5年連続の黒字にさせた変革力! 』(2016年)

 

②『日本一小さな航空会社の大きな奇跡の物語―――業界の常識を破った天草エアラインの「復活」』(2016年)

 

 

●おまけ(3冊)

①『日本のローカル航空: 地方を結ぶエアコミューターの魅力のすべて』(2019年)

 

②『航空・貨物の謎と不思議』(2016年)

 

③『コロナ後のエアライン』(2021年)

 

☆関連記事☆

www.saratto-eiga-to-hon-no-blog.com