さらっと見れる映画と本のブログ

「読む」より「見る」に特化した映画と本のブログです。お気軽にさらっと流し見でどうぞ~。※Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。

【本】ChatGPT(GPT-4)に聞いてみた。小説家「東野圭吾」さんのおすすめ作品5個

★この記事を読むと、ChatGPT(GPT-4)が選ぶ、小説家「東野圭吾」さんのおすすめ作品5個がわかります。

 

★ChatGPT(GPT-4)によると、2021年9月までの情報をもとにおすすめの作品を紹介してくれました。

 

★『東野圭吾』さん→『東野圭吾 - Wikipedia

 

★『ChatGPT』→『ChatGPT - Wikipedia

 

 

 

 

【作品一覧】

①『容疑者Xの献身』(2005)

巧妙な数学的トリックを用いた犯罪を描いた作品で、数々の賞を受賞しています。日本のミステリー小説の名作とされており、映画やドラマ化もされています。

 

②『悪意』(1996)

知的障害のある少年が殺害された事件を巡り、容疑者となった人物の過去を掘り下げていくサスペンス作品です。映画化もされています。

 

③『白夜行』(2002)

幼いころのある事件をきっかけに運命が絡み合う男女の物語です。互いに愛し合いながらも、残酷な運命に翻弄される二人を描いています。映画やドラマ化もされています。

 

④『ガリレオシリーズ』(2001~)

☆公式サイト『東野圭吾ガリレオシリーズ|文藝春秋 (bunshun.co.jp)

物理学者の湯川学が難事件の解決に挑むシリーズ作品です。科学的な要素を取り入れた緻密なストーリーが展開されており、ドラマ化もされています。

 

⑤『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(2012)

過去と現在が交差する不思議な雑貨店を舞台に、人々の悩みを解決していく物語です。心温まるファンタジー要素が評価されており、映画化もされています。