さらっと見れる映画と本のブログ

「読む」より「見る」に特化した映画と本のブログです。お気軽に見てみてください

製作費が高額な映画ランキング38位~43位(2021年までの映画)(6作品)

★この記事を読むと、製作費が高額な映画ランキング38位~43位(2021年までの映画)がわかります。

 

Wikipedia参考(製作費が高額な映画一覧 - Wikipedia)

 

 

 

 

【作品一覧】

38位『バトルシップ』(2012)

製作費209,000,000ドル(約238億円)


バトルシップ(吹替版)

 

字幕版→「バトルシップ (字幕版)

 

 

 

38位『猿の惑星: 新世紀』(2014)

製作費209,000,000ドル(約238億円)


猿の惑星:新世紀(ライジング) (吹替版)

 

字幕版→「猿の惑星:新世紀(ライジング) (字幕版)

 

 

 

38位『ホビット 決戦のゆくえ』(2014)

製作費209,000,000ドル(約238億円)


ホビット 決戦のゆくえ(吹替版)

 

字幕版→「ホビット 決戦のゆくえ(字幕版)

 

 

 

41位『キング・コング』(2005)

製作費207,000,000ドル(約236億円)


キング・コング (吹替版)

 

 

 

42位『X-MEN:フューチャー&パスト』(2014)

製作費205,000,000ドル(約234億円)


X-Men: フューチャー&パスト (吹替版)

 

字幕版→「X-Men: フューチャー&パスト (字幕版)

 

 

 

43位『スーパーマン リターンズ』(2006)

製作費204,000,000ドル(約232億円)


スーパーマン リターンズ(字幕版)