さらっと見れる映画と本のブログ

「読む」より「見る」に特化した映画と本のブログです。お気軽に見てみてください

映画「ラーヤと龍の王国」、ラーヤ「吼えろ!蛇尾丸!」


ラーヤと龍の王国 (字幕版)

 

>>吹き替え版はこちら→「ラーヤと龍の王国 (吹替版)

 

Amazon プライムビデオ レビュー

★4.5、レビュー数(284)(2021年7月時点)

 

●どんな映画

・2021年公開

 

・原題:「Raya and the Last Dragon」

 

ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの59作目となる長編映画

 

・前作:「アナと雪の女王2 (字幕版)

 

・次作:2021年冬公開予定「ミラベルと魔法だらけの家」

 

・ディズニー史上初のリモート製作映画(新型コロナウィルスの影響の為)

 

・監督:ドン・ホール、カルロス・ロペス・エストラーダ

 

・共同監督:ポール・ブリッグス、ジョン・リパ

 

・脚本:クイ・グエン、アデル・リム

 

・製作会社:ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ

 

・製作国:アメリカ合衆国

 

・上映時間:108分

 

・舞台は「クマンドラ」と呼ばれる架空の世界(東南アジアに似ている)

 

・主人公は18歳のラーヤアルマジロのような動物トゥクトゥクと「龍の石」のかけらを集め旅に出る

 

・1つだった国は、5つに分断されてしまう。ハート国、ファング国、テイル国、タロン国、スパイン国(龍の形をしている)

 

●あらすじ3行

・人間とドラゴンが調和を保つ世界→不吉な怪物ドルーンが世界を脅かす→ドラゴンは人々を救うため、自らを犠牲にした→ドラゴンのいない世界は5つの国に分かれ、争う

・500年後→ハート国は他国と交流仲良くしたい→他国を招待→ファング国はハート国を騙す→龍の石の奪い合い→龍の石落ちる→割れる→ドルーン再臨→逃げ惑う中、龍の石の欠片は5つのそれぞれの国へ

6年後→ラーヤは相棒トゥクトゥクとドラゴンを探す旅へ、そして、割れた龍の石の欠片を探す旅へ→ドラゴンは見つかるのか、割れた龍の石は元に戻すことができるのか、そして5つの国が仲良く平和に暮らせる楽園「クマンドラ」は復活できるのか…