さらっと見れる映画と本のブログ

「読む」より「見る」に特化した映画と本のブログです。お気軽に見てみてください

ロシアの政治家『ウラジーミル・プーチン』さん関連の本(17冊)

☆この記事を読むと、ロシアの政治家『ウラジーミル・プーチン』さん関連の本(17冊)がわかります。

 

☆「ウラジーミル・プーチン」さんとは…→「ウラジーミル・プーチン - Wikipedia

 

 

  クリックして目次を表示する。   

 

 

【作品一覧】

①『プーチンのロシア―21世紀を左右する地政学リスク』ロデリック ライン、他(2006年)

 

②『ロシア最強リーダーが企むアメリカ崩壊シナリオとは? プーチン 最後の聖戦』北野幸伯(2012年)

 

③『日本自立のためのプーチン最強講義』北野幸伯(2013年)

 

④『プーチンの国家戦略 岐路に立つ「強国」ロシア』小泉 悠(2016年)

 

⑤『プーチンの世界』フィオナ・ヒル、他(2016年)

 

⑥『まんがでわかる ウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・プーチン』トーエ・シンメ(2017年)

 

⑦『ロシアの愛国主義: プーチンが進める国民統合』西山 美久(2018年)

 

⑧『オリバー・ストーン オン プーチン』オリバー ストーン(2018年)

 

⑨『プーチン 〔外交的考察〕』木村 汎 (2018年)

 

⑩『ルポ プーチンの戦争 ──「皇帝」はなぜウクライナを狙ったのか』真野森作(2018年)

 

⑪『プーチン幻想 「ロシアの正体」と日本の危機』グレンコ・アンドリー(2019年)

 

⑫『プーチンの実像 孤高の「皇帝」の知られざる真実』朝日新聞国際報道部、他(2019年)

 

⑬『新危機の20年 プーチン政治史』下斗米 伸夫(2020年)

 

⑭『安倍vs.プーチン ――日ロ交渉はなぜ行き詰まったのか?』駒木 明義(2020年)

 

⑮『プーチンとロシア人』木村 汎(2020年)

 

⑯『皇帝プーチン 最後の野望』中津 孝司(2021年)

 

⑰『皇帝兼CEOプーチンのゆくえ』加藤学(2022年)

 

 

www.saratto-eiga-to-hon-no-blog.com

 

www.saratto-eiga-to-hon-no-blog.com